NGOMA JAPANI -東アフリカNGOMA親交会-

お知らせ(NEWS)

訃報:ワンガリ・マータイさん71歳=ノーベル平和賞受賞

この度はワンガリ・マータイさんの訃報を知り、驚きとともに悲しみにくれております。
4000万本以上もの植樹をし、「グリーンベルト運動」を創設され、「もったいない」という日本の言葉を世界に広められた功績は計り知れないものだと思います。

マータイさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

ンゴマ・ジャパニ(東アフリカNGOMA親交会)一同

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 ノーベル平和賞受賞者で、毎日新聞とともにMOTTAINAI(もったいない)キャンペーンを推進してきたケニアの元副環境相、ワンガリ・マータイさんが25日深夜(日本時間26日未明)、ケニア・ナイロビのナイロビ病院で卵巣がんのため死去した。71歳。マータイさんは昨年、がんが見つかり、昨年8月にニューヨークで手術したが、今月になって再発した。

 1940年生まれ。ケニア中部ニエリ周辺の農村で生まれ育ち、生物学者を志した。渡米しカンザス州の大学で学士号、ピッツバーグ大で修士号(生物学)を取得。71年にはナイロビ大(ケニア)で東アフリカの女性として初の博士号(獣医学)を得た。

 「開発」の名のもとの環境破壊と開発の恩恵から疎外される市民の姿を目の当たりにしたことをきっかけに、環境保護活動に踏み出し、77年に農村地帯の女性に植樹を通じて社会参加を呼び掛ける「グリーンベルト運動」を創設。8万人以上が参加し4000万本以上を植える活動に発展し、アフリカ各国にも拡大した。

 運動は、環境保護活動と女性の地位向上、貧困撲滅、民主化促進などを結びつけて展開するものであるため、強権的なモイ前政権の弾圧対象となり、発電所建設を巡る森林伐採反対運動で逮捕・投獄された経験もある。モイ政権後の02年の選挙で国会議員に当選し、その後、副環境相に就任。環境保護と民主化への取り組みの功績が評価を受け、04年に環境分野で初で、アフリカ人女性としても初のノーベル平和賞受賞者となった。

 受賞翌年の05年に毎日新聞の招きで来日し、編集局長との対談で、「もったいない」という日本語に出会い、共感。「資源を有効利用する『もったいない』を世界に広めたい」と、毎日新聞などとMOTTAINAIキャンペーンを展開した。09年には国連平和大使に就任、旭日大綬章を受章した。【七井辰男、ヨハネスブルク高尾具成】

 ◇支援と理解に感謝
 マータイさんの長女でグリーンベルト運動エグゼクティブ・ディレクター、ワンジラ・マータイさん 誠に悲しいお知らせをしなければなりませんが、本日、母が厳しい闘病生活の末、亡くなりました。彼女は私たちに対して、彼女のすべての友人に、彼らからどれほど影響を受けたのかを伝えるよう望みました。皆さまの支援と理解に感謝いたします。

毎日新聞 2011年9月26日 13時18分(最終更新 9月26日 21時11分)