NGOMA JAPANI -東アフリカNGOMA親交会-

NEW! 動画コーナー(Movie)

2004年&2005年 ンゴマ・ジャパニ代表理事・水川勝利の即興ダンス “Kinetica”

水川勝利がまだ東アフリカのNGOMAに出会う前の活動です。

2005年頃、マサチューセッツ工科大学出版の"Computer Music Journal"でDVD付きで世界中に出版されました。
当時、国立音楽大学音楽音楽学部音楽デザインコースの美山千香士氏とともに「マルチメディア、コンピュータとダンスの作品」“Kinetica”を制作。

全体の半分ぐらいの時間は、踊り手の動きをセンサーがとらえ、その動きにリアルタイムでサウンドが発生するのが特徴。
このシステムでのダンス作品は他にはないんではないか?
 
音楽に合わせて踊るのはよくありますが、”Kinetica”では踊り手の動きが音空間を作ってゆきます。


Kinetica for MIT-2005


Kinetica @Kurashiki Sakuyou University-2004-01


Kinetica @Kurashiki Sakuyou University-2004-02


Kinetica @Kurashiki Sakuyou University-2004-03


Kinetica @Kurashiki Sakuyou University-2004-04